インビザラインはここがおすすめ!体験者の矯正歯科比較 byミカコライフ

雑記ブログ『ミカコライフ』はこちら

インビザラインとは?

人に気づかれず矯正できる、透明なマウスピースの矯正装置のこと。

アメリカの「アライン・テクノロジー」社が開発しました。

本当に気づかれないので、芸能人の方もお仕事をしながら矯正している人が多いです。

日本ではまだ歴史の浅いマウスピース矯正ですが、アメリカでは既に定番の矯正だそうです。

ワイヤー矯正との違い・インビザラインのメリット

ワイヤー矯正と比べて、透明なマウスピース矯正のメリットはこんなにあります。

マウスピース矯正のメリット

  • 見た目を気にせず矯正できる
  • ワイヤー矯正と比べ痛みが少ない
  • 食べる時は外せるので、食べ物を選ばず食べられ、歯磨きもしやすい
  • 通院回数が少なくてすむ
  • 歯の動きを1ミリ単位、1度ずつ微調整できるので、より正確に動かすことができる(腕のいい歯科医にお願いできる場合)

 

わたしが歯列矯正を始めたきっかけ

 

わたしの矯正前の写真

わたしは噛み締めがひどく顎関節症になり、初めはボトックス注射を打ちました。

しかし切端咬合なこともあり矯正を勧められ、この方法を選びました。

最初の受診、歯列矯正を決めるまでのことを詳しく書いた記事はこちら

歯列矯正の中でもインビザラインを選んだ理由

大人になるといろいろなことが気になります…!

もう、選ばざるを得なかったといっても過言ではありません。

インビザラインを選んだ本当の理由書いた記事はこちら

ミカコ
インビザラインを選んで本当によかったー!
ワイヤーだったら間違いなく2本抜歯だったと先生に教えてもらいました…!

インビザライン矯正歯科選びのこと

 

インビザラインをすると決めたら、クリニックを選ぶとき、一番重要視するべきなのは何か?

大金を払って失敗したくない人は、「腕のいい矯正歯科医」を選ぶべきです。

具体的に言えば、「本当に個人で症例数を多く診ている先生」です。

インビザラインドクターは年間症例数によりこんなランク付けあります。

世界共通ランク 年間必要症例数
ブロンズ 1 症例以上
シルバー 11 症例以上
ゴールド 21 症例以上
プラチナ 51 症例以上
プラチナエリート 101 症例以上
ダイヤモンド 151 症例以上
ブラックダイヤモンド 401 症例以上

 

『当院はブラックダイヤモンドを受賞しました』と謳っている系列グループの大きな矯正歯科でも、自分を担当する歯科医師個人での症例数はわからないもの。

場所や費用も大事ですが、そのクリニックの担当医がどの位の症例数があるか問い合わせてみるとよいでしょう。(わたしは実際にいくつか問い合わせてみました。)

ちなみにですが、わたしがお願いした先生は、お一人の実績が「限りなくブラックダイヤモンドに近いダイヤモンド・プロバイダー」でした。

わたしが歯科選びをした時の記事はこちら

 

自己管理が重要なインビザライン

この矯正がワイヤー矯正と大きく違うところは沢山ありますが、1つには「自分で取り外せること」があります。

食べる時に装置が歯についていないということは、大変大きなメリットです。

ただし、1日に20時間以上の装着時間を守らないと、マウスピースの装着期間が伸びてしまったり、思うように歯が動かない場合があります。

ちゃんと出来るかしらと不安になる方もいるかもしれませんが、慣れるから大丈夫です!(体験済み)

体験談・工夫していたことはこちらの記事で読めます

インビザラインで役に立ったグッズ

 

いよいよ矯正生活が始まるという時に、ネットでいろいろと調べて必要なグッズを揃えました。

その中でも本当に必要だったものを厳選して紹介しています。

インビザライン生活に必要だったグッズはこれ!

インビザラインで相乗効果を狙う(笑)

ずっとマウスピースをつけているから、間食をしなくなり痩せそうですよね…!

インビザラインを始めて2か月、体重の変化はどうなったのかを書いた記事

矯正中の不安は全部担当の先生に質問しよう!

経過観察の通院で、漫然と口の中をチェックしてもらうのはもったいない!

矯正生活をしている中で疑問に思ったことはメモしておいて、まとめて質問することをオススメします!

患者の顔を見ない、質問を受け付けない、適当にしか答えてくれないような歯科医の先生は選ばないようにしましょう!

矯正中不安に思っていたことを担当の先生に質問した記事

ついに矯正生活終了!期間を短縮できた!

わたしの矯正は約5か月で終わり、顔の輪郭までしゅっとなりました!

顎関節症の痛みともさよならでき、整形したかのようにエラの張りが気にならなくなりました。

(久々に会う知人からは、顔を見るなり「やせた?」とよく聞かれます)

当初の矯正期間の予定は8か月だったので、3ヶ月も縮まりました。

期間が短縮できたことを自分なりに分析した記事はこちら

インビザライン生活をする前に疑問に思うことは?


透明マウスピースは本当に目立たないのか、アタッチメントとはなんなのか、歯の痛みはどのくらいなのか、加速装置とはどんなものなのか…いろいろな不安はやってみたら解消されました。

インビザラインをする前に知りたかったことを「体験したから書けた」記事

ついにわたしを担当してくださった矯正歯科の先生をご紹介

 

体験記事を書いていると、「どこの先生ですか?」というお問い合わせを多くいただいたため、是非素晴らしい先生を皆さんに紹介したいと取材をお願いしたところご快諾いただき、記事を書きました。

伊藤先生を満を持して紹介した記事

インビザラインのクリニック選びの基準の一つに加えていい案件

 

iTeroという光学スキャナーがあるクリニックを選ぶと、速く・正確に治療計画が作成され、カウンセリングのときにビフォーアフターを見られるというメリットがあります。

しかし、最新の機械でも使う人の腕によって患者が口を開けている時間もかなり変わってくるようです。

iTeroついてどんどこ掘り下げた記事

今後、このサイトはインビザラインの専門サイトとして成長していきます。

乞うご期待!